HOME 短期留学 長期留学 あなた流の留学作り 滞在先 手続き 料金 お申込み
短期留学
長期留学
あなた流の留学作り
滞在先
手続き
料金
お申込み
お問合せ
KJ留学センター案内
アコさんのソウル便り
(2015年より延世大学語学留学中)

「2016年冬」
ソウルでは、昨日もぼたん雪が突然降り出しました。まだまだ春は遠そうです。
こちらに来て早5ヶ月が経ちました。2学期を終えてほっと一息ついたところです。
今週末には友達とプサンに旅行に行ってきます!
相変わらず授業についていくのがやっとですが、この生活にも慣れてきました。
今まで、寮の様な狭いところに住んでいたのですが(4帖の中に、
シャワートイレ付きの部屋、別名:独房?) 3週間前に、
学校の近くにのワンルームに引っ越し、手足を伸ばし、のびのびと暮らし始めました。
ここは、アン山という低い山の麓です。
山の中腹に奉元寺という由緒ある大きなお寺があり、部屋から徒歩12分!
毎日、勉強していて息苦しくなるとこのお寺にお参りに行きます。
流石、元、山ガール?!
ソウルには、いたる所に、山があり、坂があって当たり前の生活です。
松飛台の坂は何ともないんだと今となっては言えます。ふふふ…
何かにつけて韓国人の友達が助けてくれて、韓国人の情の厚さを感じています。
色々なところで、知らない人によく話しかけられたり…ありがたいです。
最近はつたない韓国語で、歴史、経済の話も少しだけ出来るようになって来ました。
もっと、もっと日韓友好の為に頑張ろうと思います。
今年5月にはもう少し長いお休みがあるので一時帰国できればと思っています。
勉強出来る環境にいる事に感謝しながら、これからも頑張ります。

KMさん(女性、30代)

撮影KMさん=恵化駅 梨花洞(イファドン)、ドラマ『屋根部屋のプリンス』のロケ地で有名
学校:イージーコリアンアカデミー(ソウル市狎鴎亭/アックジョン) 期間:2014年3月~4月2ヶ月間
1.学校についての印象はいかがでしたか?
受付の方(日本人2 )はいつも笑顔で出迎えて下さり、とても良い印象を受けました。
最初、Levelテスト(筆記、会話)があり、Levelテストを受ける際や終了後に教科書を購入する際も親切に対応して下さり、不安なく学校に通うことが出来ました。
2.授業はどのように進められましたか?
主に担任の先生が用意したプリントを使って授業が進められて行きましたが、思っていた以上に会話中心の授業で楽しかったです。
授業は勿論、全て韓国語で進められて行きますが、分からない内容は先生が身振り手振りで教えて下さいます。
また、その課が終わるごとに単語のテストがあり(70点以下は追試)、毎日、workbookや日記の宿題もありましたので、授業が終わった後は友達とカフェで勉強しました。
3.先生についての印象はいかがでしたか?
私は2か月間、同じ先生でしたが、先生は声も大きくて、聞き取りやすく、丁寧親切に教えて下さいました。そのお陰で学校に通うことも大変、楽しかったです。
また、授業以外にも先生とクラスの皆一緒に食事や買い物をしたりと授業以外でも色々な体験をさせて下さいました。先生やクラスメイトは私の帰国後もカカオトークで連絡を下さり、素晴らしい先生とクラスメイトに出逢えて、とても嬉しいです。
4.滞在先はいかがでしたか?
私はコシテルに2カ月、滞在しましたが、滞在先はアックジョン駅から歩いて10分位 (新沙駅からも15分位)の場所にあり、管理人さんも(20代位の管理人男性)何か不明な点があれば、私が韓国語で分からない点は携帯の翻訳機を使って対応して下さいました。
3Fの共同キッチンには炊いたご飯とキムチ、緑茶ティーパック、スティックコーヒーがあり、これらは自由に頂けますし、袋のラーメンも管理人さんに言えば、無料で頂くことが出来ます。ただ、部屋が狭いので、途中、苦痛でしたが、それ以外は特に不自由なく過ごせたと思います。
5.滞在中はどのような食生活でしたか?
私の場合、2カ月間共、授業が午後【午後2時~5時】だったので、授業前に友達とランチしたり、夕飯も殆ど外食でしたが、外食しない日は共同キッチンで自炊したり、学校近くの有名なキムパのお店でキムパを買ったりして過ごしました。
6.これから留学される方へのアドバイスなどありましたら、お聞かせください?
学校と家の往復だけだと、なかなか会話の上達にも繋がりませんので、とにかく色んな人と韓国語で話すことが重要だと思います。
また、私が住んだアックジョンは若干、物価は高いですが、お店でも殆ど全て、韓国語でやり取りするので、それも良かったと思います。

「理恵さんの梨花女子大留学見聞録」 2014年3月26日
2014年2月、韓国・梨花女子大に1か月の短期留学した女子大生・理恵さんの留学見聞録です!!
「理恵さん(ソウル市内の有名な宮殿・景福宮で)」

■大学・その周辺の環境について
「梨花女子大正門」

梨花女子大学はソウル市内にありますが、敷地内は自然に恵まれており、とてもきれいなところでした。
あまりにも広いキャンパスなので全部回ることはできませんでした。
設備も整っており、日用品以外はほとんど大学内で手に入れることが出来ました。
「大学内の様子」

ECC(梨花キャンパスコンプレックス)は梨花女子大の代表的な建物で、お昼に正門やECCの前に行くとその前で観光客らしき人たちが写真を撮っていました。
「ECC」

ECCは正門を入ってすぐの施設ですが、坂に沿って建てられている素敵なデザインの建物です。
中には教室だけでなく、地下には文具屋、書店、コンビニ、食堂などがあり、学生や観光客など多くの人たちが利用していました。
机や椅子も様々なところにあり、外で買ってきたものを食べながら勉強している学生も目立ちました。

寄宿舎は国際C棟という所でした(他にもA・B棟があります)。
「寄宿舎の部屋」

建て替えられたばかりのところで暖房などの設備も充実しており、外は寒かったけれど部屋では快適に過ごすことができました。ただテレビがなかったのが少し残念でした。冷蔵庫は各部屋にあり自由に使うことができますが、各階には冷水器、レンジもあるのでそれを使用することもできます。アイロン・乾燥機・洗濯機は地下に3つほどありましたが、使用するには500ウォン硬貨と洗剤を自分で用意する必要がありました。寄宿舎の中は少し複雑で、到着した時は韓国語で説明されましたがあまり聞き取ることができず、着くまでに少し時間がかかりました。
私の場合は二人で一部屋でした。同室の子とは、良い友達になりました。

正門を出ると大通りがあり、その道に沿ってたくさんのお店が並んでいます。値段の割には量が多く、日本語・英語のメニューを用意している所も多く、食事に関しては心配することはありませんでした。梨花大の周囲には洋服、化粧品、を販売しているお店が多かったです。日用品は日本と比べて高かったですが、洋服は安かったです。

■最初の試験・授業について
試験を受けたのは言語教育院(ELC)という所でした。 ホールで日本語、英語、韓国語でそれぞれ別々の先生が前に出て説明してくれました(言語別で試験について説明されている紙ももらえます)。
まずはその場で配られたペーパー試験をやり、終わった人から2階の部屋へ行き、一人ずつそれぞれの先生と会話試験を行ってそれぞれのレベルをみる、というものでした(わからない問題は手をつけなくても構いません)。
ペーパー試験は2つに分かれており、一つは文法をまだやっていない人のための簡単な試験(絵が書いてありその名前をハングルで書くなど)、もう一つは文法がある程度わかる人のための試験(選択の穴埋め問題の他に読解、書き取り問題がありました)で、個人でどちらか好きなほうを選ぶことができました。
私は後者を選びました。最初の選択式の穴埋め問題はできましたが(基本的な文法問題でした)、読解の文章は難易度が高かったのであまりできませんでした。書き取りの問題は自分の紹介(国籍、趣味、家族など)について書くもので、できるだけたくさんのことを書きました。

会話の試験は終わって待っている人から呼ばれて部屋に行き、そこにいる先生と韓国語で話しました。緊張してあせっていたせいか聞き取ることができず、あまり答えることができなくて残念でした。それが終わった後、試験してくれた先生が、明日のクラスの発表と時間と場所を教えてくれます(それを書いた紙ももらえました)。会話試験が終わったら各自解散という形で試験は終了します。
会話試験では私はあまりできなかったので名前、日時、どこから来たのか、韓国語を学んだ期間など基本的なことしか聞かれませんでしたが、長く続く人は趣味や、何のために来たのか、韓国に知り合いはいるのか、など様々なことを聞かれたそうです。様々なレベルの人がいるので、全体的に簡単な問題や難しい問題がありました。

翌日、レベルによってクラスが分けられているので、そのクラスで指定された教科書とワークブックをそれぞれ購入しました。下から1級から4級までありましたが、同じ級の中でもいくつかレベルが分けられているようでした。私は1級でしたが最初にいたクラスでは文字から勉強していたので、さすがに低すぎると思い、もう一つ上のクラスに変えてもらいました。最初のクラスが合わないと思う人は多いらしく、申し出ると先生が検討してくれます。全体の半分が1級、4分の1が2級、3級、さらにその半分が4級、という風でした。

大学のプログラムのため、大学ごとに来ている日本人の大学生が全体の半分でしたが、中国や英語圏、ドイツ、フランスなどから来ている人もいて、クラスには様々な国籍の人々がいました。

私のクラスでは二人の先生が曜日によって交代で授業を行いました。もちろん教科書も使いますが、先生が持ってきたプリントも使い、内容は関連しながらもさらに別の単語やフレーズも覚えることができました。総合的な内容をしましたが、会話も重視されており、学んだ文章や単語を使って隣の人やクラスの人達と会話することも多かったです。先生に質問されることに答える、先生が言ったことを繰り返す、ということが多かったです。日常生活で話せることを重視した授業で、授業の間、全くしゃべらないということはありませんでした。

先生は簡単な単語は韓国語を使って説明しますが、難しい単語や新しい単語は少しだけ身振りや手ぶりで説明した後、パワーポイントを使って辞書を開きその単語が日本語・英語でどんな意味なのかを見せてくれました。
宿題は授業でやったことを覚えてくる、プリントをやってくるなどがありますが、1課が終わるごとにワークブックも宿題が出されました。ワークブックには聞き取り問題(付属のCDがついています)もあるので、CDプレイヤーを持っていくことをお勧めします。 教科書の内容は研修中には1冊全部は終わらないので、家で各自やることになります。

■文化体験
授業は午前中で終わりますが、2日間午後に文化体験がありました。この文化体験は授業日数に含まれています。

<ナンタ>
ナンタは韓国の有名なミュージカルで、外国人が韓国で最も見る劇と言われています。
グループによって微妙にパフォーマンスが異なっているらしく、そこも見どころらしいです。
クラスごとで地下鉄かバスで劇場まで行きます。
語学研修に参加している人々全員で言ったので観客はほとんどその人たちでしたが、韓国人もたくさん来ていました。
ほとんど体を使ったパフォーマンスなので、韓国語がわからなくてもとても楽しむことができます。
選んだ観客をステージに参加させてりもしたので全員で盛り上がることができました。
<箱作り>
箱作りはELCの中で行われました。博物館で働いている人々が大学に来て、箱や紙について説明しながら一人ずつ組み立てて、そこの紙を糊ではりつけました。博物館の人たちは韓国語しか話せないので、始まる前に先生たちが用語を少しだけ説明してくれました。けれど、難しい単語だったのでわからないところが多かったのが残念でした。袋に材料が入っていたので、一人ずつそれを組み立てていきましたが、わからなくて困っていると博物館の人たちが手伝ってくれたり、教えてくれたりしました。作った箱はお土産にできました。
文化体験は韓国語ができなくても十分に楽しむことができたので、参加できて本当によかったです。

■最終試験
最後の試験は2日間にわけて行われました。初日はそれぞれのクラスで聞き取り試験が行われました。今まで習ってきたことをきちんとやれば十分にできる問題でしたが、今までやってきた内容のまとめなので、難しい問題もありました。

2日目は筆記・会話の試験で、最初に試験を受けたELCの教室で行われました。級ごとに別々の試験が配られ、決められた席で行われました。試験の時間は約4時間ですが、その途中で順番に抜けて、別の教室に行き先生と会話の試験を行うというものでした(どの順番で会話の試験を行うかは前日に決められています)。
筆記試験は習った単語を使って文章を書くものや、穴埋め問題や読解問題がありました。会話の試験はAかBどちらかを選んで、その紙に書かれている文章を音読するものと、授業で習った文章を使って先生と会話するというものでした。会話の試験が終了した後は、戻って筆記試験をやり、それが終わり次第、各自提出して解散となりました。初日同様、授業の復習をすればきちんと答えられるものでしたが、少し緊張しました。

翌日結果が発表され、合格した人は終了証をもらうことができます。私のクラスは全員合格し、無事修了証をもらうことができました。

■1か月を振り返る
最初は授業についていけるか不安でしたが、先生が本当にわかりやすく教えてくれたので、授業で困ることはありませんでした。大学内の設備も充実していたので、寄宿舎を選んで本当によかったです。ただ、テレビがなかったのは残念でした。テレビを使えば、韓国の事情を知ることもできるし、何より聞き取りの練習にもなるので、次行く際にはテレビがあるところに滞在したいと思います。学校のプログラムは文化体験がある日以外は平日の午後、土曜日と日曜日は一日中空いているので、前もって少し遠くの場所に出かける計画をたてるのもいいと思いました。
聞き取ることはもとから苦手でしたが、今回の語学研修で改めてそれがよくわかりました。相手の言っていることがわからないので何も言うことが出来ず、会話は本当に苦労しました。実際に行ってみると何が自分に足りていないのかが明確になり、さらに学習したいという気持ちにつながったので韓国に今回行けたことは本当に貴重な体験となりました。
これからは、語学・文化だけでなく、もっと総合的に韓国について学んでいきたいです。

「サトミのソウル留学日記(4)」 2013年12月2日
안녕하세요(*^_^*)

今日は12月2日です。
5日に帰国します。

11月最終週の木曜日に試験がありました。
結果は翌日、金曜日に返されました。
私は1ヶ月だけなので進級もないと余裕な気持ちでいましたが、60点以上を取らないと終了したことにならないと聞いて、急に焦りました。 (終了したことにならないというのは、少しニュアンスが違うかも)

筆記テスト、聞き取りテスト、話すテスト(面接)と3課題あり、全てを60点以上だからですΣ( ̄ロ ̄lll)
私は聞き取りが苦手だし、思っていることを直ぐに発することもよく出来ないし…
全く自信がなかった。

テストを受けてみると、こんな私でも、ギリギリでもなくある程度の点数がとれていました。
スペルの間違いくらいなら三角で少しのマイナスにしてくれていました。
先生に感謝ですm(._.)m

4週間の授業を終えてみて、思った以上に勉強が大変でした。
1日3時間の授業(私は週2で会話クラスもありましたが)なので、観光もタックサン出来ると、余裕だと思っていました。
しかし、宿題、予習、復習と、夜だけでなく学校に行く前もやっていたので、平均4.5時間くらいの睡眠でした。
私は暗記が苦手なので時間がかかったんです。
それでも、前半に頑張っていろいろと観光したので良かったです。

後半は、友達の誘いも半分にして勉強しました。
私は授業終了後に1週間くらい滞在予定だったので、その後ハードスケジュールで過ごしています。

終了後に帰国を延長した人もいます。
もっと大変な大学等への留学もあるそうなので、女子大生を夢見た事もありましたが、私はここが合っていたと思います。

聞きとることも留学前よりは力がついたと思います (少しだけ) 。
ドラマをみていても分かる会話が増えました。
これは、最初の目的だったので、嬉しいです。

そして、やっぱりもっと上達したい!
会話が出きるようになりたい! と前よりも思います。
日本に帰っても、もっともっと頑張りたいと思いました。

学校では、いろんな人が頑張っています。
若い方や年配の方、働いている方や子育て中の方、韓国語を学び初めて間もない方。
自分が出来ない事に何の言い訳も出来ず、ただ努力が足りないのだと思いました。

言葉の分からない国へ1人でやって来て、誰にも頼らずどこまでできるか?! なんて思っていましたが…

韓国人の友達にいろいろとお世話になり、 学校の仲間にいろいろと教えて貰って、一緒にランチや買い物に行きました。
日本からの、家族や友達からのメールに励まされました。
改めて気付いた事も多く、感謝をしています。
1ヶ月ではありますが、良い経験でした。

そんな生活の中でも、授業が終わってからも含め、 ろいろと見て回ったり、いろんな事にチャレンジしています。 元々韓国ドラマが好きで、韓国語を勉強し始めました。

写真は、コーヒープリンス1号店で、勉強したときのもの。
勉強している事に、観光とは違う幸せを感じていました。

ラブレインを撮影した、フォーシーズンズハウス (名前が変わったかな) 。
1階のカフェでゆっくりお茶もしました。

韓国民俗村も1日かけて回り、ドラマの撮影場所で写真を撮りまくりました。
お天気もよく、外でランチをしたり、渡し舟にも乗って、大満足な1日でした。

KTXに乗って釜山にも行きました!!
クリスマスのイルミネーションが綺麗でした。
海も見て、名物を沢山食べました…1日5食 p(^-^)||

ソウルでも、クリスマスっぽい雰囲気です。
韓国には魅力が沢山あって、1ヶ月いても、まだまだ回り足りないくらいです!!

最後に長くなりましたが、お読み頂いてありがとうございました。
大変な事もありましたが、本当に良い経験を沢山して、新しい出会いもあり、楽しい留学生活でした。

次、韓国へ来る時は、もっともっと話せるよう、今後も頑張ります。

감사합니다~ (^_^)/~~

「サトミのソウル留学日記(3)」 2013年11月21日
안녕하세요!

授業が半分(2週間)と少し終わりました。

午前中の先生は元気な感じ。
午後の会話クラスの先生は、穏やかな感じです。 私は1ヶ月だけなので、今回の先生しか知らないですが、他の方に聞くと、 いろんな先生がいるんだなと思います。
広さはいろいろあるようです

午前のクラスは全部で9人です。そのうち日本人は6人、男性は1名です。
駐在員の奥様や、仕事をしている人などもいて、期間限定での留学生は半分くらいです。
授業の流れは2日目くらいには分かったので、予習復習のポイントもおさえられます。
宿題もあり、予習復習は欠かせないので、毎日大変です。
私は覚えも遅いし、集中力もないので、結構な時間机に向かっていても、 あまり進みません…

授業では一切日本語は使わないので、 (他の国の方もいるので当たり前ですが) 分からない単語や質問も、(?_?)という顔をしていると、 一生懸命に韓国語で、時にはジェスチャーで説明してくれます。
だいたい分かるのですが、ダイタイなので、 時々、先生の質問に対して、的はずれな回答をしてしまいます…
簡単な単語を使った言葉も、流れていく単語を理解するのが難しい。
まだまだ沢山勉強しなくては(>_<) 月末のテストが心配です。

午後の会話クラスは、全部で4人です。
文法は関係なく、話してみようという感じで楽しいです。
先生の笑顔に癒されます(そろそろ癒しを求めているのかも)。 ある場面を想定した言い方も習います。
でも、やっぱり難しい。

日本で授業時間を聞いた時は、随分余裕があると思いましたが、正直全く余裕はなく、 観光や友達にも会いたいので、足りないくらいです。

何年か後でも、ペラペラ話せる日が来ると信じて、頑張ります。
仕事帰りの友達と、チキンとビールを飲みました。
これが定番の組み合わせらしいです。大皿しかないので、お腹いっぱいです。

コシテルでの生活も、まあ慣れたという感じです。
韓国に来る前は、台所は共同なので、そこで会った人と仲良くなって、ご飯を食べに行ったり… なんて思って、自己紹介や質問も考えていたのですが、実際は・・・アンニョンハセヨ~のみで終了。

会話をするという雰囲気でもなく、会釈だけで終わることも多々あります。
少し寂しいですが、会話を楽しむ語力も私にはないので、良しとします。

コシテルの廊下です。この両脇に20部屋が並んでいます。

共同の台所は、管理人さんがいつもキレイにしてくれています。
電気コンロがあり、一度使いましたが全くあたたまらなかった…
きっと壊れているんだと諦めましたが、すぐ後に、誰かが作っているラーメンがグツグツしていたのでよく見ると、毎回コンセントを入切するんだった(^_^;)
お湯は、ウォーターサーバーで使いたい放題なので、 お茶やコーヒーには困りません。 洗濯機やアイロン、掃除機も使えます。
誰かが使い方を教えてくれるわけではないので、 辞書を見て、ボタンの機能や注意書きを調べました。
すべて、ナントナク分かったという感じですが、生活には困っていません。
でも、掃除機は、どうみても吸引力が無い!
狭いし拭き掃除をしています。
短期間だから我慢出来るという感じです。
日本のお風呂やコンビニが少し懐かしいです。
韓国生活も後2週間!!
とりあえず、テストに向けて頑張ります。

「サトミのソウル留学日記(2)」 2013年11月11日
안녕하세요!
韓国人の友達Hさんの家で김장(キムジャン:1年に1回11月から12月頃に1年分のキムチを作ります)をするというので行ってきました。
私が体験してみたいと言ったら、私のお休みに合わせてくれました。
감사합니다m(._.)m
数百個の白菜を漬ける家もあるそうですが、 Hさんの家は少なめで40コの白菜を漬けました。
前日から白菜を洗って塩に漬けます。
バスタブくらいの大きさの器に入った白菜を、夜中に上下交換します。
私も前日入りしていたので、手伝いました。
漬け込む素も前日からお母さんが作っておきます。
素には、大根と唐辛子粉の他に、塩・小さい海老の塩漬け・갓という葉・何やら2種類の茶色い液体が入っています。他にもあったかも…
素の中に入れる沢山の大根は、お父さんと弟で細かくしてくれていました。
前日から手伝おうと行きましたが、午後の授業が終わってから行ったので、夜遅くなってしまい、 チキンとビールをご馳走になり、犬と遊んだだけでしたm(._.)m
翌日は、お母さん、お母さんの妹、Hさん、私の4人でキムチ作りです。
外ですると思っていましたが、広いリビングにシートを敷いてしました。
部屋の中でする家庭も多いそうです。 白菜の葉を一枚一枚めくって、そこに素を入れていきます。
作業中は、お喋りしながら私以外の3人は何やら談笑して楽しそう。
私は何を話しているかわからなかったので、黙々と作業をしていました。

後できいたら、昨日お母さんの妹が、友達と山登りに行こうとバスツアーに申し込んだのに、何やらお店屋さんに連れていかれ、山には行かないというので、喧嘩してバスを降り、自力で行ったという話でした。
旅行者じゃなくても、そんなことがあるんですね。

作業中、キムチを作りながらつまんで食べるのが美味しいんだと、何度も一口サイズの作りたてキムチを貰いました。

40コだったので、12時には終わりました。
別の友達、Kさんの家では、今月末に100個以上は漬けるそうで、何個するのか恐ろしいと言っていました。
Kさんは毎年しているのに、あなたはまだ慣れていないからと、実際には漬ける作業はせずに、運んだり力仕事をするそうです。
Hさん家のキムチの味が心配です(^_^;)

キムチ作りの夜は、使う白菜の一部を取って置き、家族でサムギョプサルや豚肉の煮たものを食べるそうで、だからこの時期は豚肉が安いらしいです。
私は宿題が終わっていなかったので、我慢して帰りました。


こちらに来てからの食事について~
泊まっているコシテルには共同の台所があり、キムチと御飯(雑穀米?)は、 いつでも食べられます。
運が悪いと御飯がなくなっている事もありますが。
でも、近くにはお惣菜だけを売っている所がありません(多分)。
レトルトカレーや缶詰も売っていますが高ように思います。
コンビニにも惣菜はなく微妙なお弁当が数種類あるのみ。
コンビニの김밥(海苔巻き)は時々食べます。
日本では近所にスパーもあったし、コンビニも素晴らしく充実しています。
だったら勉強にもなるし外食した方が良いと思いました。 (時々はコシテルの御飯と持参したフリカケで食べます)
当初はお店に入る勇気がなく、屋台の簡単な物しか食べれず空腹でしたが、 1週間くらいで一人でも入れるようになりました。
最初に、「韓国語は上手くできないよ」と宣言します。
その後に写真付きか日本語のメニューはないか聞きます。
見た感じ、韓国語のものしかなさそうな店は避けています。
昼の混んでいる時間帯も避けて14時とか15時に行きます。
サムギョプサルや鍋物など大人数で食べるものは、授業がおわって授業仲間とランチの時に食べたり、仕事終わりの友達と夕食の時に食べます。
サラダがあるお店が少ないように思います。
先日行った紅茶屋さんのランチは生野菜が多かったので、野菜を食べたくなったらここに来ようと思いました。

最近は近所のパン屋さんでパンも買ってきます。
クリームチーズのタップリ入ったパンが美味しかったから、 今度おばさんに話しかけようかな~ 話しかけても、返答が聞き取れないんですよね…

ダイエットは気にせず、この1ヶ月はいろいろ食べてみたいと思います。
写真は、紅茶屋さんのランチと近所で食べた餃子入りのソルロンタンです。
ついでに、一人で観光に行ったキョンボックン(景福宮)も…すっごく綺麗でした。
勉強も頑張ります!!

「サトミのソウル留学日記(1)」 2013年11月3日
안녕하세요!
関東在住のサトミと申します。
홓대입구역(弘大入口)の近くにある「カナタ韓国語学院」に1ヶ月間通います。

韓国へ来てから、もう5日目が経ちました(40日間の滞在予定です)。
明日から授業開始です。

初日はなんだかすでに寂しくなっていました。
コシテルの管理人さんの言っている事も、ちょっと手続きに行った学校の先生の言ってる事も、全く分からなかったから…
コシテルも思ったより狭い感じだし…
韓国でお世話をしてくれるキムさんがいなかったら、何もできなかった。
キムさんとはもうすぐお別れ(T_T)  (連絡先は聞いてますよ!!)
ひとまず、翌日のレベルテストのために、コンビニでパンと牛乳を買って勉強することにしました。
コンビニは、何も話さなくても買えるから便利なものです。

翌日、レベルテスト。
筆記は、最初は良かったけど、早くも問題の意味が分からず、解答の仕方が分からなくなりました。
覚えている単語の数も少なかったから、適当に書こうにも手が動かない。
面接は2回、別の人でありました。
最初は緊張して、簡単な質問も聞き返したけど、2人目は少しは形になったかなと思いました。少しは…
日本で面接の練習をしてもらったおかげです。
先生、감사합니다m(._.)m
日本では中級の教科書をしていたけど、初級2のレベルになりました。
これが実力ですね。
初級2は1~30課まであるけど、16課からだそうなので、途中のクラスに入るのかな?
1~15課までも見てから挑むべきですよね…頑張ります。

とにかく、テストは終わり、4日間の休息です。

韓国に韓国人の友達Hさんがいます。
共通の趣味があり、ネットで知り合いました。
その後Hさんが1年間日本に留学していると時にも時々会っていたけど、2年前には留学も終わり、その後もお付き合いは続いています。

テスト後に、Hさんと会ってパスタを食べました。
朝食も、飛行機で出た小さい最中だけだったので、生き返った気分でした(T▽T)
丸い大きいパンの中に、胡椒のきいたクリームパスタが入っていて、本当に美味しかった。ピザも美味しかった。
Hさんの友達オススメのお店でした。

近くにダイソーがあるので、Hさんと一緒に日用品を揃えてから、近くのマートをさがしたり、一人で入れそうな食堂をさがして歩きました。
Hさんには感謝の言葉を何度も言っても足りないくらいです。
おかげで、前向きな気分が戻ってきました。
練習に、2人で國代という庶民的なお店に入ってみました。
トッポキと天ぷらを食べました。 トッポキは辛かったけど、オデンとネギも入っていて美味しかった。
一緒についてくるオデンのスープも気に入りました。天ぷらは衣厚め。

家に戻って、トイレにシャワーカーテンを着けました。
トイレにシャワーが付いてるのに、シャワーをするスペースがない!!
最初の驚きΣ( ̄ロ ̄lll)
シャワーをしたら、便座がびしょ濡れになるのでは…
(一緒にテストを受けた人は、便座にビニールをかけてしたそうです)
突っ張り棒と、シャワーカーテンをダイソーで買ってきて設置!!
なんとか形になりました。
ダイソー、素敵です。
韓国のダイソーは100円(だいたい1000ウオン)じゃないものも多いけど、20点近く買って、突っ張り棒以外は1000ウオンなんて、買い物上手です。
こうして、狭いながらも、快適な空間になりました(^-^)v
1ヶ月、生活していけそうです。
3日目は、Hさんの友達のKさんに광장시장に連れていって貰いました。
沢山あるお店の中でも、このオバサンの김밥が一番!という所で食べました。
タレがスパイシーでとっても美味しかった~~!!
でも一人では見つけ出す自信がない…
こんなに大きい市場は、生まれて初めてでした。

その後、バスに乗ってHさん家の近くにあるチムジルバン(サウナ)に行きました。
私が行きたい!と言ったら、綺麗な所を探してくれたのです。
なんて優しい人達でしょう!!
ドラマにもよく出てくるシーンですよね。
頭にタオルまいて、何故かゆで卵を食べて、ゴロゴロするんです。
ドラマの中の世界でテンション上昇↑↑↑
夢が叶ってゆく感覚です。
サウナもお風呂も入って、24時間営業なので泊まって朝に帰りました。
65度のサウナは、やみつきになりそうに気持ち良かった~~
就寝専用の暗い部屋もあって、私はまあまあ寝れたけど、Hさんはあまり寝れずに疲れていました。
(写真はピンクっぽいけど、ピンクっぽい照明でした。金曜日だったので、この後どんどん混んできました)
明日からは、授業開始です!!!
ついていけるように、予習をします。
ランチを一緒にしてくれる友達が出来たら良いんだけど。。。

화이팅!! p(^-^)q

<1>男性(30代)
◎学校 イージーコリアンアカデミー(ソウル市江南区、狎鴎亭 (アックジョン) 駅)
◎期間 2013年8月夏短期2週間

Q: 学校についての印象はいかがでしたか?
A: 学校には多くの生徒がいたが、レベル分けが細分化され、 一クラスあたり7人程度であり、人数的な不満はありません。 学校のスタッフの対応も良く、不快なことは一切ありませんでした。

Q: 授業はどのように進められましたか?
A: 授業は、すべて韓国語で進められました。 私が所属したレベルでは、主に構文を中心とした内容でした。 おそらく、基本的な文法を理解したクラス??(全体の真ん中くらい?)だったためかと思います。

Q: 先生についての印象は、いかがでしたか?
A: 先生は、皆丁寧に授業を行いました。 質問などにも真摯に受け答えをしました。 非常に教育が行き届いている印象を持ちました。

Q: 滞在先はいかがでしたか?
A: コシテルなので、狭いのは仕方ないと思います。  プライベートは保たれ、管理人も親切な方でした。  駅(東大入口)からも近く、近くに飲食店があったのも良かったです。

Q: 滞在中はどのような食生活でしたか?
A: 滞在中は、ひとりで食事をとる機会が多かったです。  今回の授業に参加したのが、私以外全員女性であったのも理由かも。  昼は一人で食事をすることに不便はなかったですが、  夕食は一人だと辛いところがありますね。  これは韓国の文化もあるので、仕方ないところです。  一人で食事をすると、どうしても冷麺たビビンパなどが中心となりがちです。  鍋や焼き肉一人で食べるのは難しいかなと思いました。

Q: これから留学される方へのアドバイスなどありましたら、お聞かせください。
A: 他のクラスはどうか分かりませんが、授業が韓国語で行われるため、  基礎的な文法、単語、構文を理解していないと厳しいかもしれません。  習った内容について難しいとは思いませんでしたが、  単語力の欠如、ヒヤリング慣れしていなかったため、聞き取れないことが多々あり、  内容を理解するの結構時間がかかり大変でした。
延世大
梨花女子大
西江大
高麗大
ソウル市立大
慶熙大
韓国外国語大
成均館大
建国大
ソウル大
崇実大
漢陽大
東国大
ソウル女子大
カナタ韓国語学院
イージーコリアンアカデミー
:: ホーム :: 短期留学 :: 長期留学 :: あなた流の留学作り :: 滞在先 :: 手続き :: 料金 :: お申込み :: お問合せ :: KJ留学センター案内 ::
【事務所所在地】
東京オフィス 東京都新宿区新宿3-3-1龍王堂ビル4F
TEL03-3226-2717 メールアドレス : ryugaku@kjnavi.co.jp
営業時間 平日10:00~18:00
ソウルオフィス ソウル市恩平区テチョ洞179-14松光501号
Copyright KJNAVI & ENJOYSTREET. All rights reserved.No reproduction or republication without written permission